メンタルケア心理士の評判は?

メンタルケア心理士は2005年から認定試験が始まった資格で、特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会と財団法人生涯学習開発財団が認定しているものです。
メンタルケア心理士の一般的な評判としては、他の種類の心理系資格と比べて抜群に優遇される訳ではないが、仕事として心理関係の職場で働きたい方には良い様子です。

 

日常生活の中で悩んでいることやストレスに感じていることを相談するための存在としてのカウンセラーには、国家資格は必要ないのですが、民間資格はいくつかあり、臨床心理士やスクールカウンセラー、産業カウンセラーなどが挙げられます。

 

メンタルケア心理士としての資格を持っていると、これらの道に進む時にも役立てることができるでしょう。
ただし、メンタルケア心理士の資格を取得しただけでは就くことができない職種もあり、さらに資格が必要となる分野もあります。
近年、心の問題を抱える人は増加しており、学校や職場でもカウンセラーを必要とすることがあるため、メンタルケア心理士は評判になっている資格で、将来性に期待できることも魅力的です。

 

↓↓↓評判が高いヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

 

メンタルケア心理士と似た資格には何がある?

民間資格のひとつとして挙げられるメンタルケア心理士ですが、似たような資格には臨床心理士やスクールカウンセラー、産業カウンセラーなどがあります。
臨床心理士は心理療法を行うために必要とされる資格で、受験資格を得るために大学院に通ったり、大学院卒でなければ10年以上の臨床経験がなければならない難しい資格です。
スクールカウンセラーや産業カウンセラーは、学校や職場で生徒や児童、企業の従業員のカウンセリングを行うために必要な資格です。
いずれも心の問題と向き合う重要な職業のために必要となるものですが、メンタルケア心理士の資格を持っていることで、スクールカウンセラーや産業カウンセラーへの道が開けるとも考えられています。
勿論、メンタルケア心理士は独立して開業することも可能なので、自分でカウンセリングルームなどを設けて人々の相談に乗る道もあります。
メンタルケア心理士だけでなく、そのほかの民間資格を調べることや、メンタルケア心理士に関係している資格を見ておくことで、職業の幅は広くなります。